ハイブリッドカーに代表されるエコカーというのは、本当に自然に優しいのでしょうか。結論から言うと、燃焼効率が良く、CO2の排出が他の車と比べると少ないので、自然環境に優しい車だと言えます。ですから、エコの意識がある方にはお勧めの車ということになります。

ハイブリッドシステムというのは燃焼エンジンと電気モーターを組み合わせて走る車ですが、このシステムは過渡期的なシステムだとも言われており、やがては完全な電気自動車に変わっていくと考えられます。また、水素を燃料として走る自動車なども、排気ガスが無害であることから注目されています。

ただ、電気自動車や水素自動車が一般に普及していくには、もう少し時間がかかりそうですので、それまでの間はハイブリッドシステムが最もエコに貢献する車ということになります。また、普通のガソリンエンジン車も年々燃費が良くなっており、利用者の燃費に対する意識の高さが、メーカーの技術開発を後押ししているようです。

また、自動車の性能だけではなく、わたしたちの運転の仕方によっても燃費が大きく変わります。急発進、急加速をしないとか、アイドリングをストップするなど、ちょっとしたことから燃費は大きく改善されることを覚えておくことは大切です。